基礎から教えてくれるのがポイント!パソコン教室に通うべき人とは?

独学をすることも難しい老人には重宝するもの

パソコン教室は、パソコンに詳しい人からすると必要のないものでしょう。ただ、マウスの動かし方などの基礎的な部分から教えてもらうことができるので、今までにまったくパソコンに触ってこなかったという高齢者には重宝するものになります。今更聞けないことも一から教えてもらえるので、完全な初心者には大きな意味を持つ場所になるわけですね。分かりにくいことも噛み砕いて説明をしてもらえますし、老後の暇を潰すのにもちょうどいいのではないでしょうか。

友達が作りにくい主婦層にも便利な存在

パソコン教室には、色々な人たちが通っています。中には主婦の方もいます。主婦をしていると、どうしても世界が狭くなってしまうので、こうした教室通いをして外の世界を見てみるというのも悪くはないはずです。同じような境遇の人たちと知り合うことができる可能性もあって最高ですよね。外に出るというだけでも、人生が変わる可能性があるので、なかなか侮ることはできません。費用はそれほど高くないので、友達を見つけるためにも通ってみるといいでしょう。

子供のうちからパソコン教室に通うのも正解

将来的に子供をプログラマーなどに育てたいときにも、パソコン教室は使い勝手のいいものとなるかもしれません。子供を塾ではなくて、パソコン教室に通わせる親も増えてきました。パソコンができれば将来仕事に困ることもなくなります。基本的な操作はもちろん、危険なサイトに引っかからないようにするための心構えなども教えてもらえます。子供の成長に合わせて高度なことを教えてくれるところもあります。プログラミングは子供のうちから始めると、上達も早いはずです。

パソコンの資格には様々な資格がありますが、表計算ソフトや文書作成ソフトなどといったパソコンの基礎的や、事務的な仕事でよく使われるパソコン資格を持っていると就職活動で有利になります。

リスクの少ない投資には、プロのアドバイスが重要

ファンドを利用すれば世界の企業に投資ができます

投資というと企業の株を買うことが思い浮かびますが、個人が株式を購入できるのは上場している企業だけです。また外国株に関しても、アメリカに関しては幅広い企業の株が買えますが、それ以外の国については投資に対する敷居が高いのが実情です。世界を見渡すとこれから発展していく国や、国内企業よりも収益力を持った企業が多くあります。投資信託を利用すればそのような国や企業に投資することができます。毎月の分配金も魅力ですが、投資信託の本来のメリットは個人では不可能な投資を可能にすることです。

どのようなファンドに投資をするのか?

いざ投資を始めようとしても、どのような投資信託をどのように買えばよいのかわからないものです。既に数百万円単位の元手がある人は、ファンドラップを利用しましょう。以前から証券会社や信託銀行はは富裕層向けにラップ口座のサービスを行っていました。ラップ口座とは資金を委託し、プロによる投資判断で利益の向上を図るサービスです。しかし近年、証券会社では委託する資金の量を小さくし、幅広くプロの投資サービスを行おうという目的でファンドラップが始まりました。こちらを利用すれば、専門知識を持ったプロによる投資のアドバイスや提案を受けることができます。

利益向上のためにNISA口座も作りましょう

投資を始める際には、ファンドラップを利用する証券会社でNISA口座も作っておくと良いです。NISA口座を利用すれば、年間120万円までの投資信託の購入に関しては非課税になります。通常、売却益や分配金に対しては、20%の税金がかかります。しかしこれが非課税になると、全体の収支に大きく影響してきます。さらに120万円の枠はは1年当たりの金額ですので、数年間で何百万円にもなります。作って損になることはありません。

投資とファンドとは、複数の投資家から集めた資金を用いて投資を行ってその利益の中からリターンを分配していくシステムを言います。

準備は早くしておくと良いですよ!納税するときはプロに依頼しておこう

リスクに対処するためにも専門家に依頼しましょう

相続税を納税しようとして戸籍謄本等を用意してから思わぬ困難に陥ることが良くあります。相続に関して問題が家族間で発生しないで円満に解決するケースの方がむしろ少ないので熟練の税理士の助言がどうしても必要になるケースが多いです。どこの税理士に任せたらよいのかいまいちわからないといった場合は無料相談会を活用しましょう。相続税の還付に関する知識だけでなく保有している不動産の法人化をする場合にはどうすれば良いのか、といったアドバイスがどれだけできるかチェックしてみましょう。

不動産や相続の専門家意外に依頼しないようにしよう

依頼する際にはあくまでも個人の不動産と相続税に関するプロを選ぶのであって企業の顧問を選ばないようにするべきですね。多くの税理士は日本全国どこに居る客からの相談にも対応しているので、それを考慮するとよいです。年間数百件は問い合わせを頂いているような活気のあるところが良いでしょう。そういったところは誠意ある対応を顧客に対してしていることが多いんですよね。実際に相続税の申告や土地や建物の資産評価の精度も高い場合が多いんですよね。

信頼できる人に任せましょうよ

相続税に関する相談を信託銀行に依頼したら報酬として90万円以上は請求されることがありますし、司法書士・行政書士に依頼した場合はそれ以上請求されることがあります。損をしたくないならやはり税理士に依頼しておきましょう。特にお勧めできるのは相続税の計算・評価・申告業務と相続に関する相談を何回してもよいパッケージ商品を販売している税理士事務所でしょうね。その方がかなり効率的に顧客からの業務を行ってくれますよ。

相続の申告を税理士に依頼する際は、その税理士が相続税関係の専門であるかどうかをチェックすることが大切です。相続税申告に不慣れな人物を選んでしまうと申告額が嵩み、数百万円単位で損をすることもあり得ます。

デザインの学校に行きたいと思う人はどんな人か

専門学校に行く人の覚悟

専門学校に行くというのは、普通の大学などに進むよりも覚悟のいる事です。その理由は、もしもその途中で違う街に憧れを抱いてしまったときに、後戻りできない場合があるからです。その学校では専門の事しか教えてくれませんので、それとは全く違う道に進みたいと思ってしまった場合に、どうしようと思うのです。その分、普通の大学に通っていれば、もしも違う学部に興味がわいても、ある程度の期間がたてば移る事もできる制度があります。

将来の仕事としての候補

より将来の幅を広がるとするならば専門学校よりも普通の大学の方がいいのですが、それでも専門学校に行くと決めたのであれば、それなりの覚悟がある人です。それは、何となく普通の大学に通う人からすると進む道をしっかりと決めている人なので、格好良く感じる存在です。専門学校は、基本的には普通の大学生に比べて半分ほどの期間の間に専門知識を詰め込むので、とても大変です。あまり遊んだりできる時間もなく試験なども受けながら卒業できるように頑張っているのです。

デザイン関係の就職先はあまりない

専門学校の中でも、特に就職先として難しいとされるのはデザイン関係です。この手の専門学校は、元々の才能があるかないかでも大分変わってきます。どれだけ頑張っても、ない才能を開花させるのは難しい事です。それに、いくら才能があったとしても、その時のタイミングなども関係してきますので、うまくデザイン関係の就職をするのはとても厳しい時代です。もしうまくいって就職できたとしても、そこからその職場で輝くためには、より努力をしないといけません。

ゲームの専門学校とは、ゲームプログラムやCG、シナリオなどゲーム業界で働くために必要な知識や技術を学ぶことができる学校のことをいいます。

こんな盲点が!相続税に違いが出てくる相続方法

相続税は相続額がいくらから払う必要がある?

家族が亡くなった時に遺された人達がうけとる相続財産。その相続財産が一定の金額を超えた場合に支払う必要が出てくるのが相続税です。相続は、配偶者が財産の半分、子供たちが残りの半分を均等に受け取るのが一般的なパターンです。相続金額合計が5000万円以下かつ法定相続人1人あたり1000万円以下までは相続税がかかりません。配偶者の場合には、相続金額のが1億6000万円まで、または1億6千万円を超えた場合でも法定相続分までなら相続税は0円となります。

相続税の節税対策としての生前贈与

相続税の節税対策として生前贈与を活用する方も多いようです。例えば毎年110万円までは贈与税がかからないので、その範囲内で生前贈与を行う事が一番簡単な税金対策として有効です。ただ、贈与税の申告不要な額ですが、逆に贈与の証拠が残らず税金逃れの疑いがかかる心配も。贈与額を110万より少し高くして、わざと贈与税を納め、相続税とは別に贈与税を支払っているという実績を作っておく方法をとると、相続税不払いのような無用な疑いを招かずに済みます。

孫への教育費が1,500万円まで無税で贈与できる

教育資金贈与制度は、非課税で1人に対して最高1,500万円までの教育資金の贈与が無税で行える制度です。孫の学校の学費や学用品、行事代、また500万円までは習い事、通学費、留学費用にまで当てられる教育費を事前に贈与しておけるため、子や孫からもとても喜ばれる制度です。この制度を活用するにはいくつかの条件があります。まず、孫に贈与するお金に「法的」にのっとった方法で行われているかに注意が必要です。銀行等と「教育資金管理契約」を結び、預金に預け入れする、教育費としての利用に限る、贈与後には払戻しできないなどです。贈与された側は、教育資金を使用した領収書等を金融機関に提出する必要があり、孫が30歳になるまでに使い切れなかった分には贈与税がかかります。メリットとデメリットがある節税対策ですが、正しい方法で大切な家族に多く財産を残してあげたいですね。

相続税について考え始めるのは、相続が始まってからでは遅いです。必要な対策が取れるように、前もって相続税相談をしておく必要があります。

会社と従業員間のルールを明確に!労使間を支える就業規則

就業規則とは何?どういうもの?

就業規則は、労働時間や給与、休日・休暇、それから退職に関することなど、会社のルールが定められたものです。常時10人以上の従業員(アルバイト・パート含む)がいる職場では、労働基準法によって就業規則を作成し、労働基準監督署届け出ることが決められています。さらに従業員に就業規則を公開することで就業規則の内容が有効となります。また、就業規則を変更する場合には、従業者の代表による意見書を添付して労働基準監督署長に届け出なければなりません。

労使間で問題が起きた場合

就業規則が会社のルールであることから、会社側も従業員側も就業規則を守らなければなりません。会社は従業員に対して昇給や残業代、各種手当を決定して支払う義務があり、従業員は就業規則で定められた勤務時間で働き、休日も規則の指定範囲内で取得します。もしも就業規則で退職(解雇)にすると定められた事項に当てはまった従業員は、会社が退職させることもできます。正しく作成されている就業規則は、会社側の為だけのものではなく、従業員の権利を守るためにも役に立っています。

社会保険労務士による就業規則

社会保険労務士は就業規則のエキスパートです。将来起こるかもしれないトラブルを事前に予測して、実際にトラブルが起きたときにきちんと対応できるような就業規則を作成する、もしくはサポートをしてくれます。会社で起こりうるようなトラブルの予測は専門家でないと難しいものです。社会保険労務士に依頼すれば、労使間で起こった過去の裁判例などを元に、確実なものを作成してもらえるでしょう。ただ、費用をおさえたいなどの理由もあり、社内で就業規則の変更などを行う時には、社会保険労務士に就業規則診断だけを依頼して社内でその診断に沿って就業規則を変更することもできます。

社会保険労務士の就業規則を作成する利点として、法的な責務の内容をしっかりと明記できることや、従業員のやる気を引き出すうえで役立ちます。

大卒資格をあきらめていた人も!通信制大学はこんな人におすすめ

働きながら大卒資格を取得したい人

昼間仕事をしている場合には、全日制の大学に通って単位を取るというのは不可能である場合がほとんどです。夜間の大学に関しても、不規則な勤務の場合や、残業が多い会社の場合には通学することが難しいかもしれません。そのような場合には、通信制の大学を利用するのが便利です。通信制の大学ならば、場所や時間を問わずに勉強することが出来ます。もちろん仕事との両立はハードですが、絶対に大卒資格がほしいという強い動機があるのならば乗り切れるでしょう。

育児中に大卒資格を取得したい人

子供が小さいころは自宅にいて子育てに専念していても、子供が少し大きくなったら学校に行っている間だけでもパートなどをしたいと考えている人は多いでしょう。たとえパートであっても、大卒資格があると選択の幅が広がったり、時給が高くなりやすい傾向にあります。もしも、子供が長い時間お昼寝をしてくれる子である場合など、少し余裕があるのならば通信制の大学を利用して大卒資格を取得してみるのも良いのではないでしょうか。

大学に通う体力がない人

何らかの理由で大学に通う体力がないという人にも通信制の大学がおすすめです。例えば病気を持っていたりといったことが考えられますね。キャンパスに通うことが出来ないというだけで大卒の資格まであきらめる必要はありません。今後はインターネット回線を使って在宅で仕事をするテレワークも拡大していくことが考えられますから、在宅で大学を卒業し、その後在宅で仕事をするということを選べば外に出る体力がなくても生活に関する問題を減らすことが出来るでしょう。

通信制大学の選び方は何の勉強がしたいのか、卒業して得られる資格は何かが主な選び方となりますが、通信制同士の交流の場などがあるのかも選ぶ基準になります。

相場で生き残るために知っておきたい!信用取引の概要とメリット及び注意点

信用取引ってなんだろう?

信用取引と聞くと、何だか難解な取引だと思ってしまいますよね?でも何も難しいことはありません。信用取引とは、証券会社に担保を預けることで可能な取引のこと。要するに証券会社に信用して貰うことで、手持ちのお金以上の株券を購入出来てしまうわけです。資金以上の額面の株を買えるといっても無制限ではありません。その上限は資金の約3倍。たとえば50万円の資金を持っているなら約150万円までの株を購入できます。いわば信用取引は、ハイリスクハイリターンなトレード方法と言えるでしょう。

信用取引のメリットを理解しよう

信用取引のメリットのひとつはレバレッジトレードが可能なこと。レバレッジはテコの原理を意味します。つまり、少額の資金でテコの原理のように大きなお金を動かせてしまうというわけです。勿論リスクは大きくなりますが、投資効率は最大3倍!たとえば誰が参加しても勝てるようなトレンドが安定した相場でレバレッジを目一杯効かせることで、大きな利益を狙えてしまうんですよ。空売りと呼ばれるトレードが可能になることも、信用取引特有のメリット。たとえば殆どの銘柄が下落中の軟調な相場においても、高く売って安く買い戻す空売りであれば利益を狙えます。要するにどんな相場にも対応出来るのが信用取引です。常に相場と相対することで相場観を養い、高い利益率を目指しましょう。

信用取引特有の注意点をしっかり認識しておこう

信用取引は、使いこなすことで投資効率が高まり相場観も養える素晴らしいトレード手法ですが、注意すべき点が特有のコストです。現金取引においては売買手数料以外のコストは発生しませんが、信用取引では手数料の他に金利や貸し株料を支払う必要があります。カードローンなどに比べると非常に低い利率ですが、株の額面やホールド期間によっては大きな負担になってしまうんですよ。もうひとつの注意点が、追証発生リスクです。追証とは追加保証金の略称であり、要するに担保が足りなくなったから追加しなさいという証券会社からの催促です。この催促を無視すると、強制的に持ち株を売却されて、担保として穴埋めされてしまいます。赤文字の追証画面は精神的に辛いですから、常に保証金率に気を配って追証が発生しないよう気を付けましょう。

信用取引とはある程度のお金や株式を担保にすることにより、最大3倍までの投資が出来たり、空売りなどの売るポジションがとれる取引のことです、もちろん手数料や金利、貸株代はかかります。