家庭教師のバイトの仕事は年齢層に合わせる必要がある

幼稚園児の家庭教師をお願いされると

幼稚園児の家庭教師は、小学校受験か英語を教えるために雇われる場合が多いです。小学校受験の時は、主に文字の読み書きから算数の基礎のようなものを教えるのが仕事ですね。英語のほうは、初めは何らかのプリントを使い、食べ物の名前の読み方と書き方を教えることになります。幼児は学習能力が高いことから、教えている内容に興味を持つと、すぐに覚えてくれるのがすごいですね。ただ、長時間の授業などはまだ無理なので、授業時間は1日に1時間くらいが限度となります。

大学合格を目指している人の家庭教師

大学合格を目ざしている人の場合は、まずどの大学を希望しているのかを聞くことになります。次に大学の偏差値に合わせた問題などを用意することになりますが、その前に大学の過去問題集に掲載されている問題を用いて、軽くテストを行うことが多いですね。テストの結果で苦手分野などが簡単に把握できるため、家庭教師のほうも教えやすくなります。時給のほうも割と高いですが、目標としている大学に入学できた時にはさらにボーナスがもらえることもありますよ。

高校受験の準備をしている子の家庭教師

高校受験の準備として家庭教師を雇う人も結構います。工業系なら楽ですが、進学を目指している場合は高い偏差値を要求される、私立の高校を選択する場合が多いんですよ。そのため、家庭教師として教える内容も自然とレベルが高くなります。教える内容は中学で教わる内容ほぼ全てですが、苦手分野がある時はそちらのほうを優先しますね。期間は中学2年の夏から3年の冬の間までで、3年時に入ると希望している高校の過去問題を用いた模試を使って何度か試験をします。

家庭教師のバイトは、小学生から高校生までを対象に英語や国語などの教科を生徒の家に訪問して教えるアルバイトです。