自己破産にかかる弁護士費用は?安くする方法はある?

自己破産の弁護士費用の相場

自己破産にかかる弁護士費用の相場は、30万円くらいです。管財事件となった場合には、弁護士費用がもう少し高額になり、さらに裁判所に納める予納金も、20万円くらいかかります。しかし、ほとんどの場合に管財事件とはならず、同時廃止になります。管財事件となるか、同時廃止となるかは、ある程度は予測ができるので、まずは弁護士に相談をしてみましょう。法律事務所によって費用は異なっているので、いくつかの法律事務所を比較することも重要です。

弁護士費用を分割払いにできる?

法律事務所にもよりますが、分割払いに対応している事務所も多いです。自己破産の費用は、着手金が20万円~30万円、成功報酬が0円~20万円くらいが相場になります。着手金は契約時に支払うお金ですが、成功報酬は手続きが終わった後に支払うお金です。着手金ゼロ、成功報酬30万円となっているような法律事務所に依頼をすれば、全額後払いができます。自己破産をすると、借金の返済義務はなくなりますので、多くの場合、弁護士費用を支払う余裕はあると思われます。

生活保護を受けている人は無料になる?

病気や失業などが原因で、収入がゼロになってしまっているケースでは、弁護士費用を分割払いにしてもらったとしても、支払っていくことができません。生活保護を受けている人なら、法テラスから無利子で弁護士費用と裁判所の予納金を借りることができます。さらに、手続きが終わった後も生活保護を受けている場合、返済義務が免除されます。すなわち、生活保護を受けている人は、自己破産にかかる費用をほぼゼロにすることができるということです。

自己破産を行うと所謂ブラックリスト入りして5年から10年程度借金ができなくなります。官報にも住所氏名が記載されてしまいます。一部職業に就くことができないということもあります。