こんな盲点が!相続税に違いが出てくる相続方法

相続税は相続額がいくらから払う必要がある?

家族が亡くなった時に遺された人達がうけとる相続財産。その相続財産が一定の金額を超えた場合に支払う必要が出てくるのが相続税です。相続は、配偶者が財産の半分、子供たちが残りの半分を均等に受け取るのが一般的なパターンです。相続金額合計が5000万円以下かつ法定相続人1人あたり1000万円以下までは相続税がかかりません。配偶者の場合には、相続金額のが1億6000万円まで、または1億6千万円を超えた場合でも法定相続分までなら相続税は0円となります。

相続税の節税対策としての生前贈与

相続税の節税対策として生前贈与を活用する方も多いようです。例えば毎年110万円までは贈与税がかからないので、その範囲内で生前贈与を行う事が一番簡単な税金対策として有効です。ただ、贈与税の申告不要な額ですが、逆に贈与の証拠が残らず税金逃れの疑いがかかる心配も。贈与額を110万より少し高くして、わざと贈与税を納め、相続税とは別に贈与税を支払っているという実績を作っておく方法をとると、相続税不払いのような無用な疑いを招かずに済みます。

孫への教育費が1,500万円まで無税で贈与できる

教育資金贈与制度は、非課税で1人に対して最高1,500万円までの教育資金の贈与が無税で行える制度です。孫の学校の学費や学用品、行事代、また500万円までは習い事、通学費、留学費用にまで当てられる教育費を事前に贈与しておけるため、子や孫からもとても喜ばれる制度です。この制度を活用するにはいくつかの条件があります。まず、孫に贈与するお金に「法的」にのっとった方法で行われているかに注意が必要です。銀行等と「教育資金管理契約」を結び、預金に預け入れする、教育費としての利用に限る、贈与後には払戻しできないなどです。贈与された側は、教育資金を使用した領収書等を金融機関に提出する必要があり、孫が30歳になるまでに使い切れなかった分には贈与税がかかります。メリットとデメリットがある節税対策ですが、正しい方法で大切な家族に多く財産を残してあげたいですね。

相続税について考え始めるのは、相続が始まってからでは遅いです。必要な対策が取れるように、前もって相続税相談をしておく必要があります。

会社と従業員間のルールを明確に!労使間を支える就業規則

就業規則とは何?どういうもの?

就業規則は、労働時間や給与、休日・休暇、それから退職に関することなど、会社のルールが定められたものです。常時10人以上の従業員(アルバイト・パート含む)がいる職場では、労働基準法によって就業規則を作成し、労働基準監督署届け出ることが決められています。さらに従業員に就業規則を公開することで就業規則の内容が有効となります。また、就業規則を変更する場合には、従業者の代表による意見書を添付して労働基準監督署長に届け出なければなりません。

労使間で問題が起きた場合

就業規則が会社のルールであることから、会社側も従業員側も就業規則を守らなければなりません。会社は従業員に対して昇給や残業代、各種手当を決定して支払う義務があり、従業員は就業規則で定められた勤務時間で働き、休日も規則の指定範囲内で取得します。もしも就業規則で退職(解雇)にすると定められた事項に当てはまった従業員は、会社が退職させることもできます。正しく作成されている就業規則は、会社側の為だけのものではなく、従業員の権利を守るためにも役に立っています。

社会保険労務士による就業規則

社会保険労務士は就業規則のエキスパートです。将来起こるかもしれないトラブルを事前に予測して、実際にトラブルが起きたときにきちんと対応できるような就業規則を作成する、もしくはサポートをしてくれます。会社で起こりうるようなトラブルの予測は専門家でないと難しいものです。社会保険労務士に依頼すれば、労使間で起こった過去の裁判例などを元に、確実なものを作成してもらえるでしょう。ただ、費用をおさえたいなどの理由もあり、社内で就業規則の変更などを行う時には、社会保険労務士に就業規則診断だけを依頼して社内でその診断に沿って就業規則を変更することもできます。

社会保険労務士の就業規則を作成する利点として、法的な責務の内容をしっかりと明記できることや、従業員のやる気を引き出すうえで役立ちます。

大卒資格をあきらめていた人も!通信制大学はこんな人におすすめ

働きながら大卒資格を取得したい人

昼間仕事をしている場合には、全日制の大学に通って単位を取るというのは不可能である場合がほとんどです。夜間の大学に関しても、不規則な勤務の場合や、残業が多い会社の場合には通学することが難しいかもしれません。そのような場合には、通信制の大学を利用するのが便利です。通信制の大学ならば、場所や時間を問わずに勉強することが出来ます。もちろん仕事との両立はハードですが、絶対に大卒資格がほしいという強い動機があるのならば乗り切れるでしょう。

育児中に大卒資格を取得したい人

子供が小さいころは自宅にいて子育てに専念していても、子供が少し大きくなったら学校に行っている間だけでもパートなどをしたいと考えている人は多いでしょう。たとえパートであっても、大卒資格があると選択の幅が広がったり、時給が高くなりやすい傾向にあります。もしも、子供が長い時間お昼寝をしてくれる子である場合など、少し余裕があるのならば通信制の大学を利用して大卒資格を取得してみるのも良いのではないでしょうか。

大学に通う体力がない人

何らかの理由で大学に通う体力がないという人にも通信制の大学がおすすめです。例えば病気を持っていたりといったことが考えられますね。キャンパスに通うことが出来ないというだけで大卒の資格まであきらめる必要はありません。今後はインターネット回線を使って在宅で仕事をするテレワークも拡大していくことが考えられますから、在宅で大学を卒業し、その後在宅で仕事をするということを選べば外に出る体力がなくても生活に関する問題を減らすことが出来るでしょう。

通信制大学の選び方は何の勉強がしたいのか、卒業して得られる資格は何かが主な選び方となりますが、通信制同士の交流の場などがあるのかも選ぶ基準になります。

相場で生き残るために知っておきたい!信用取引の概要とメリット及び注意点

信用取引ってなんだろう?

信用取引と聞くと、何だか難解な取引だと思ってしまいますよね?でも何も難しいことはありません。信用取引とは、証券会社に担保を預けることで可能な取引のこと。要するに証券会社に信用して貰うことで、手持ちのお金以上の株券を購入出来てしまうわけです。資金以上の額面の株を買えるといっても無制限ではありません。その上限は資金の約3倍。たとえば50万円の資金を持っているなら約150万円までの株を購入できます。いわば信用取引は、ハイリスクハイリターンなトレード方法と言えるでしょう。

信用取引のメリットを理解しよう

信用取引のメリットのひとつはレバレッジトレードが可能なこと。レバレッジはテコの原理を意味します。つまり、少額の資金でテコの原理のように大きなお金を動かせてしまうというわけです。勿論リスクは大きくなりますが、投資効率は最大3倍!たとえば誰が参加しても勝てるようなトレンドが安定した相場でレバレッジを目一杯効かせることで、大きな利益を狙えてしまうんですよ。空売りと呼ばれるトレードが可能になることも、信用取引特有のメリット。たとえば殆どの銘柄が下落中の軟調な相場においても、高く売って安く買い戻す空売りであれば利益を狙えます。要するにどんな相場にも対応出来るのが信用取引です。常に相場と相対することで相場観を養い、高い利益率を目指しましょう。

信用取引特有の注意点をしっかり認識しておこう

信用取引は、使いこなすことで投資効率が高まり相場観も養える素晴らしいトレード手法ですが、注意すべき点が特有のコストです。現金取引においては売買手数料以外のコストは発生しませんが、信用取引では手数料の他に金利や貸し株料を支払う必要があります。カードローンなどに比べると非常に低い利率ですが、株の額面やホールド期間によっては大きな負担になってしまうんですよ。もうひとつの注意点が、追証発生リスクです。追証とは追加保証金の略称であり、要するに担保が足りなくなったから追加しなさいという証券会社からの催促です。この催促を無視すると、強制的に持ち株を売却されて、担保として穴埋めされてしまいます。赤文字の追証画面は精神的に辛いですから、常に保証金率に気を配って追証が発生しないよう気を付けましょう。

信用取引とはある程度のお金や株式を担保にすることにより、最大3倍までの投資が出来たり、空売りなどの売るポジションがとれる取引のことです、もちろん手数料や金利、貸株代はかかります。

転職活動時にあれば役立つ!ビジネス系の資格三種

英語能力を証明する資格はあれば便利

最近はどこの企業ででも、英語能力が必要になりつつあります。海外との取引をする機会も増えてきていますし、そもそも社内に外国人がいるケースも多いです。外資系の企業に転職をする際にも、英語能力は必須になります。ですから、自分がどの程度英語を話せるのかは、数字にして持っておくのがいいわけですね。TOEICやTOEFLのスコアは世界共通ですから、非常に分かりやすい指針となります。このスコアが高いだけで、転職は楽にできるようになります。

普通自動車免許は持っておくべき

都市部でサラリーマンをする場合にでも、普通自動車免許はあるに越したことはないですね。都市部なら電車での移動が多くなるので、マイカーは必要ないかもしれませんが、いつ何時車を運転しなければならないシーンが出て来るとも限りません。その時に免許がないと言うのは辛いことですから、若いうちに普通自動車免許は取得しておくのが望ましいのです。車が運転できるかできないかで、選べる仕事の数も変わってきます。資格の中でも比較的重要度は高いはずです。

各種パソコンのスキルを証明することも大事

ワープロソフトや表計算ソフトをどれだけ使いこなせるのかも、最近は資格で証明ができるようになっています。プログラミング能力もある程度は資格で証明ができますから、こうしたものを取り揃えておくことも大事になってきますね。今の時代はどこの会社のどの部署でも、ITスキルは必要になってきます。できるだけ高いパソコンスキルを身に付けておくだけでも、転職が成功する確率は大きくアップすることでしょう。ビジネスマンにとってパソコンは武器なので、スキル共々磨いておくのが理想ですね。

医療事務の講座のメリットとして、病院内の業務に必要なノウハウを集中的に身に着けられることがあります。

簿記は基本を理解すれば簡単!まずは初級から2級までトライしてみよう

簿記が苦手と感じたら用語を覚える初級から

簿記が苦手でなかなか覚えられないときは、初級から始めると基礎を理解できるようになります。初級は従来の4級にあたる試験で、日商簿記検定では4級を廃止して初級を導入することになりました。初級では計算に取り組むというより簿記の用語を覚えていくので、借方や貸方の基本的な用語から、決算に関する用語までこれから簿記検定を進めていくにあたって、重要な事柄を理解していけますよ。初級で理解した用語は、3級試験の勉強をしているときにとても役に立ってきます。

簿記を本格的にやろうと思うなら3級から

簿記の初級は基本的な用語や簡単な計算だけでしたが、3級になると本格的に台帳に記入するようになります。決算の記帳のやり方や伝票の書き方をマスターするようになります。会社に就職するときに経理や事務の仕事に就くなら、3級程度の簿記は理解しておくといいですよ。計算機を用意するなら液晶画面を大きめのサイズを用意して、打ちやすいのを選ぶようにすると疲れないです。借方と貸方の記入する場所をしっかり理解できれば3級試験は合格します。

2級からは工業簿記が加わります

簿記検定の2級は3級で行ってきた商業簿記の続きと、工業簿記というのが新たに加わります。商業簿記は3級の試験範囲を理解していけば、無理なく覚えていけます。工業簿記は原価計算や工場に関する用語が出てくるので、最初は覚えにくいですが慣れれば商業簿記より簡単です。仕訳のルールをしっかり覚えておけばクリアできます。その後の1級は難易度が高くなってきますが、初級から2級まで基礎を理解していけば1級も取れるようになります。問題集で何度も繰り返して学習していくうちに上達するので、諦めずに続けることが大切ですよ!

簿記の知識や技能を会得したいと考えている場合には、通信講座を利用しましょう。簿記の講座なら空いた時間を利用して学べますので、効率的な勉強ができます。

自分で考えればこんなに安くなる!間違いがない火災保険の選び方

保険金額の決め方を把握しよう

ほとんどの人は、特に気にすることなく不動産業者に勧められた火災保険に入っているのではないでしょうか?何となく難しいという理由で、相手に言われるがまま加入すると、いざというときに十分保険金を受け取れない可能性があるんですよ。保険金額は火災保険において最も重要な項目ですから、後悔しないためにも正しい額を自分で知っておくことが求められます。現在の火災保険において保険金額は再調達価格を基準にして設定されています。再調達価格とは現在の建物を新得するために必要なお金のこと。つまりこの価格をしっかり弾き出すことで火災保険で失敗することはなくなるというわけです。ネット上のツールをつかうことで簡単に算出できますが、計算が苦手なら保険プランナーなどに相談すると良いでしょう。いずれにしても、業者の言いなりになって決めるよりはずっと失敗リスクを抑えられるはずです。

補償内容の決め方を理解しよう

最近の火災保険の補償内容は多種多様。数が多すぎて面倒くさいという理由でつい保険屋に任せっぱなしにしてしまう人が多いのが実状です。でも補償内容の決め方は簡単なんですよ。ひとつひとつの補償内容を見て、必要かどうか自分で考えて決めるだけでいいんです。基本となる火災補償を抑えておき、あとは台風が原因で起こりうる水災や風災、水濡れ補償を付けるかどうかを考えるだけでOK。たとえばマンション暮らしであれば水災や風災補償はまず必要無いですから外してかまいません。逆に漏水リスクは高くなるので水濡れ補償は充実しておきましょう。一戸建て暮らしなら水災や風災補償を充実されることが求められます。

家財保険も意外と必要なんです

ほとんどの人は火災保険の対象は建物だけで十分だと思っています。ですが、それでは万が一火災が起きてしまった際に、家具や家電の損害に対しては保険金が降りないんですよ。たとえ軽いボヤ程度の火災であっても、放水で家財が使いものにならなくなることも多いので、家財も補償対象にすることが大切です。家財を補償対象にする際に気を付けるべきことが貴重品の扱いです。1つあたり30万円を越える骨董品や宝石などは、別途申請しておかないと十分な保険金は降りないので気を付けましょう。家財保険はよほど高額の貴重品が含まれていなければ、年間1万円程度の保険料で済みますから、オプションとして付けておくことをおすすめします。

火災保険を選ぶ際は、保険金額の設定に留意しなければなりません。設定を間違えると、万が一のことが起きた際に十分な補償を得られないためです。