相場で生き残るために知っておきたい!信用取引の概要とメリット及び注意点

信用取引ってなんだろう?

信用取引と聞くと、何だか難解な取引だと思ってしまいますよね?でも何も難しいことはありません。信用取引とは、証券会社に担保を預けることで可能な取引のこと。要するに証券会社に信用して貰うことで、手持ちのお金以上の株券を購入出来てしまうわけです。資金以上の額面の株を買えるといっても無制限ではありません。その上限は資金の約3倍。たとえば50万円の資金を持っているなら約150万円までの株を購入できます。いわば信用取引は、ハイリスクハイリターンなトレード方法と言えるでしょう。

信用取引のメリットを理解しよう

信用取引のメリットのひとつはレバレッジトレードが可能なこと。レバレッジはテコの原理を意味します。つまり、少額の資金でテコの原理のように大きなお金を動かせてしまうというわけです。勿論リスクは大きくなりますが、投資効率は最大3倍!たとえば誰が参加しても勝てるようなトレンドが安定した相場でレバレッジを目一杯効かせることで、大きな利益を狙えてしまうんですよ。空売りと呼ばれるトレードが可能になることも、信用取引特有のメリット。たとえば殆どの銘柄が下落中の軟調な相場においても、高く売って安く買い戻す空売りであれば利益を狙えます。要するにどんな相場にも対応出来るのが信用取引です。常に相場と相対することで相場観を養い、高い利益率を目指しましょう。

信用取引特有の注意点をしっかり認識しておこう

信用取引は、使いこなすことで投資効率が高まり相場観も養える素晴らしいトレード手法ですが、注意すべき点が特有のコストです。現金取引においては売買手数料以外のコストは発生しませんが、信用取引では手数料の他に金利や貸し株料を支払う必要があります。カードローンなどに比べると非常に低い利率ですが、株の額面やホールド期間によっては大きな負担になってしまうんですよ。もうひとつの注意点が、追証発生リスクです。追証とは追加保証金の略称であり、要するに担保が足りなくなったから追加しなさいという証券会社からの催促です。この催促を無視すると、強制的に持ち株を売却されて、担保として穴埋めされてしまいます。赤文字の追証画面は精神的に辛いですから、常に保証金率に気を配って追証が発生しないよう気を付けましょう。

信用取引とはある程度のお金や株式を担保にすることにより、最大3倍までの投資が出来たり、空売りなどの売るポジションがとれる取引のことです、もちろん手数料や金利、貸株代はかかります。