リスクの少ない投資には、プロのアドバイスが重要

ファンドを利用すれば世界の企業に投資ができます

投資というと企業の株を買うことが思い浮かびますが、個人が株式を購入できるのは上場している企業だけです。また外国株に関しても、アメリカに関しては幅広い企業の株が買えますが、それ以外の国については投資に対する敷居が高いのが実情です。世界を見渡すとこれから発展していく国や、国内企業よりも収益力を持った企業が多くあります。投資信託を利用すればそのような国や企業に投資することができます。毎月の分配金も魅力ですが、投資信託の本来のメリットは個人では不可能な投資を可能にすることです。

どのようなファンドに投資をするのか?

いざ投資を始めようとしても、どのような投資信託をどのように買えばよいのかわからないものです。既に数百万円単位の元手がある人は、ファンドラップを利用しましょう。以前から証券会社や信託銀行はは富裕層向けにラップ口座のサービスを行っていました。ラップ口座とは資金を委託し、プロによる投資判断で利益の向上を図るサービスです。しかし近年、証券会社では委託する資金の量を小さくし、幅広くプロの投資サービスを行おうという目的でファンドラップが始まりました。こちらを利用すれば、専門知識を持ったプロによる投資のアドバイスや提案を受けることができます。

利益向上のためにNISA口座も作りましょう

投資を始める際には、ファンドラップを利用する証券会社でNISA口座も作っておくと良いです。NISA口座を利用すれば、年間120万円までの投資信託の購入に関しては非課税になります。通常、売却益や分配金に対しては、20%の税金がかかります。しかしこれが非課税になると、全体の収支に大きく影響してきます。さらに120万円の枠はは1年当たりの金額ですので、数年間で何百万円にもなります。作って損になることはありません。

投資とファンドとは、複数の投資家から集めた資金を用いて投資を行ってその利益の中からリターンを分配していくシステムを言います。